まとめ記事

毒親持ち・親関係で悩む方におすすめの本まとめ【共感しまくり!読みやすいコミックエッセイ本を選びました】

毒親義母本まとめ記事アイキャッチ画像

私の義両親はたぶん毒親です。

実の両親ではないので、毒親の元で育ったわけではありません。

ただ、夫と出会い義両親と付き合っていく中で、

ぽこり
ぽこり
ちょっとおかしいな。もしかしてこれが毒親っていうやつなのでは?

と思ったことは何回もあります。

夫はそんな両親の元で育ったので、

自分が親から悪影響を受けていることを自覚しています。

義両親が毒親っぽいな、と感じ始めてから

義母や毒親関係の本が目にとまるようになり、

いろんな本を読みました。

本を読むと自分が実際に体験しないことでも

ぽこり
ぽこり
わかるそれ!

と共感できる部分が多くて、ストレス解消になりました。

今日はその中からオススメの本を紹介したいと思います。

ぽこり
ぽこり
読みやすいコミックエッセイ本を中心にセレクトしました!

興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

義母関係の本まとめ

義母関連の本はTwitterで義母のことを呟いている方の本が多めですね。

お義母さん、ちょっと黙ってください: くそばばあと私の泥仕合な日々

Twitterで義母のことを呟いているばたこさん(@bametutai)のエッセイ本です。

1つ1つのエピソードは強烈なんですけど、

ばたこさんの文才により、思わず爆笑してしまいます。

ぽこり
ぽこり
つらいことも笑いに昇華してるのがすごい!

義母のことで悩むことも多いけど、私だけじゃないんだ、と思えました。

義母ダンジョンにハマっています。

こちらもTwitterでよく義母のことを呟いている秋山さん(@Aki8ma_3)の本です。

なかなか強烈な義母さんですが、

秋山さんのツイートだと笑えてしまいます。

ぽこり
ぽこり
明るい義母本です!

私も義母に腹立つことはしょっちゅうありますが、

この本を読むと

ぽこり
ぽこり
もういいや、笑っとけ!

っていう気分になって、気持ちの切り替えができます。

ウチのモラハラ旦那&義母、どーにかしてください! 闘う嫁のサバイバル術

こちらもTwitterでよくお見かけするmaronさん(@maron99668508)の本です。

2021年現在、離婚に向けて行動されているようです。

ぽこり
ぽこり
応援しています……!

義母だけでなく、モラハラ旦那さんのことも書かれています。

毒親・親関係で悩む方におすすめの本まとめ

母がしんどい

作者は田房永子さんです。

田房さんは毒親に育てられた経験を元に、たくさんのコミックエッセイを描いていらっしゃいます。

ぽこり
ぽこり
どの作品もおすすめなのですが、中でもこの作品は推せます。

今でこそ毒親本はたくさんありますが、

この本が出た2012年頃は、毒親をテーマにしたコミックエッセイは少なかったと思います。

この作品はベストセラーになっており、ぜひ一度読んでいただきたい毒親コミックです。

Amazonで少し試し読みができますよ。

しんどい母から逃げる!!〜いったん親のせいにしてみたら案外うまくいった〜

この本は先ほど紹介した「母がしんどい」のアンサーブックで、

親からの呪縛を解いていく過程が漫画化されています。

  • 毒親から逃れたい
  • 毒親の呪縛から解き放たれたい

という方には解決のヒントとなるかもしれませんね。

それでも親子でいなきゃいけないの?

この作品は「母がしんどい」のその後について描かれた作品です。

ぽこり
ぽこり
タイトルからも、いろんなことを考えさせられますね。

うちの母ってヘンですか?

こちらも田房永子さんの本ですが、こちらの本は田房さんだけでなく

いろんな方の体験を元にした内容になっています。

ぽこり
ぽこり
13組の母と娘が登場しますよ。

お母さんみたいな母親にはなりたくないのに

こちらは毒親に育てられた田房永子さんの「子育て本」です。

自分が母との関係に悩んでいるのに、娘が産まれたらどうなるのか……。

毒親サバイバル

10名の毒親育ちの方の体験談を集めた漫画です。

ぽこり
ぽこり
中にはびっくりするエピソードもありました。

それでも、前を向いて生きているサバイバーの皆さんの姿に胸を打たれます。

漫画に共感することでストレス解消になる

毒親や義母関連の漫画やエッセイを読むことで、

ぽこり
ぽこり
私だけじゃないんだ。

と安心したり、

ぽこり
ぽこり
そうそう、わかる〜!

と共感したり

ぽこり
ぽこり
私もそうだったよ……。

と涙することで

自分の気持ちを整理することができました。

サクッと読める作品が多いですので、ぜひ読んでみてくださいね。